現在進行中の現場の紹介です

こんにちは、設計担当の井上秀幸です。(本当は10月31日担当でした、すいません)
工事中の現場を紹介いたします。一軒は、木工事の途中です。
よく階段下の使い方をどういうふうにするか考えますが、紹介させて頂きます、
この住宅のお客様とも、色々打ち合わせをいたしました。
予算の関係もあり、面積を抑えたかったしでも、収納スペースはなるべくたくさんと、
要望はたくさんあります。
階段下のトイレもご提案いたしましたが、天井が通常より低くなる部分がNGとの事。
実際自分もプランを提案する時いろいろ迷います。
今回は、階段下ウォークイン収納にしました。
実際の現場の写真はこんな感じです。(矢印の高さ1.4m位です)

階段の上がっていく感じはこんな感じです。

大工さんが、最小限のスペースで階段の裏側補強してくれましたので、結構有効に使えます。
今回は、他にも隠れる部分の紹介をします。
洗面所に2階の水回りに必要な、給水管、給湯管、排水管が上がっていきます。
PS(パイプシャフト)です、排水管は水の流れの音がかなり出ますので、防音材を巻いています。
この専門部材巻くと、なんと15㏈も下がります。
夜中の「ゴボゴボ」音嫌ですよね。

【ちょっとだけ、住宅の紹介】
このお客様の家の南側に、3階建ての住宅がありますので、リビングを吹抜けにして、ハイサイドライト
で採光取れるよう計画しました。

背中見えているのが、この家の棟梁です、いつもキッチリした仕事やってくれます。

もう一軒は、基礎工事の途中です。
弊社の基礎鉄筋は何回も紹介させていただいていますが、外側の鉄筋真っすぐです。
鉄筋が型枠の真ん中に入っていますので、(専門用語で「かぶり」と言います)
コンクリートに守られて、錆びません、これが外側に寄りますと、外気の影響を受けやすくなり
錆が入ると、鉄筋が膨張を起こして、コンクリートにひび割れがおき、雨水の侵入により
更に錆が進行し、ひび割れ幅が広がり強度の低下や、劣化を招きます。
実は本当に大事な部分で、品質確保するための重要項目であり、弊社が自信を持っている所です。

基礎工事の設備でもう一つ説明します。

この写真排水配管のさや管の導入管です。
この管の先を見て下さい、二重の輪っかの鉄筋が見えると思います。
これ大事な、外側の基礎に排水管の穴を開けているので、この穴により基礎の強度が低下しないように
この専門部材を取り付けて、鉄筋を補強しているんです。
見えなくなる部分に手間と、お金をかけています、少しだけアピールさせて頂きました。
おつき合いいただきまして、ありがとうございました。

りんごの木

御殿場支店 髙杉です。2ヶ月ぶりの投稿になります。

今回は自宅の庭で実りました、姫リンゴを紹介します。
今まで実っても採って食べた事が無かったのですが、りんごが大好きな孫が食べたいと言う事で、採って食べてみました。
小さい実ながらも色・形もしっかりした「りんご」です。味は~

木に実っている様子です。

一つお皿に取った様子です。

半分に切って食べる前です。

りんごの酸味もあり、ほんのり甘く中々の味でした。
他にも、庭には実のなる樹があります。「ブルーベリー」「梅」「金柑」「みかん」
が有ります。庭に植えているので花が咲くと、花粉を運ぶ蜜蜂や蝶々が庭に来ている事も気になり実がなるのが待ち遠しくなり、実がなるとこんどは早く食べられる日が待ち遠しく孫と私はその日を待って食べたのが10月中旬のことでした。
来年は、リンゴ飴でも作ってやろうかなと思っている「じいじ」です。