「のびのびと暮らせる開放的な家」Part.3

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

収納の充実と、家族みんなの動線を優先させた間取りのSさま邸。
実際に暮らしてからのご感想をお聴きしました。

(「のびのびと暮らせる開放的な家」Part.1)http://usuko.co.jp/blog/lifestyle/5204/)
(「のびのびと暮らせる開放的な家」Part.2)http://usuko.co.jp/blog/lifestyle/5219/)
=====================


こだわったのは「リビング階段」「クロス」「キッチン」「玄関アーチ」「広めの脱衣所」「回遊動線」……と挙げたらキリがありませんが、そんなわがままをすべて取り込んでくれて、とても感謝しています


家の中でも庭でも、子どもたちが自由に走り回れるくらい広々していて、本当に満足しています。

臼幸さんの印象は「地震に強い家」を造る会社だということ。
実際に、地震大国と言われる日本で、耐震等級3の家に住めることは大きな安心だと強く感じています。

=====================

Sさま、ありがとうございました。

「のびのびと暮らせる開放的な家」Part.2

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

のびのびと暮らせる家がご希望だったSさま。
かわいらしい外観がとても印象的です。
(「のびのびと暮らせる開放的な家」Part.1)http://usuko.co.jp/blog/lifestyle/5204/)

間取りで一番こだわったのは、「動線」でした。


6人の家族それぞれが、個室までのアクセスを取りやすいよう熟考。
1階、2階ともに回遊できるような動線にしました。

小屋裏へのアクセスは、固定階段にしたことで出し入れが非常に楽にできるように。



内装は落ち着いたカラーを多用しましたが、打ち合わせが進むなか「かわいらしい雰囲気にしたい」という思いになったため、壁紙を部分的に変え、アクセントにしました。


いかがでしたか?
次回はSさまの声をお伝えします。

「のびのびと暮らせる開放的な家」Part.1

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

恒例となった臼幸産業の施工事例。
今回は、「4人の子どもがのびのびと暮らせる広い家」をご希望のSさまのお宅をご紹介します。


居住スペースはもちろん、広いお庭をご希望だったSさま。
念願叶い、約120坪の敷地に延床面積38.75坪のお宅を新築しました。


外観には、トレンドでもある濃い目のカラーを使用
白い窓枠と、玄関の木目がかわいらしいアクセントになりました。


玄関脇には、家族6人分の靴はもちろん、さまざまな物が収納できる大容量シューズクロークを設置
使い勝手も申し分ありません。


そしてキッチン横にはパントリーを。
かわいらしい柄のクロスが印象的です。

収納の充実は、奥さまのご要望でした。
そしてもう一つのこだわりは、動線を優先させた間取り
つづきは次回ご紹介いたします。