耐震補強工事の紹介です

こんにちは、設計担当の井上秀幸です。
現在進行中の現場を紹介させて頂きます。
お客様に喜んで戴いた点を紹介します。
「ブログに載せたいって」お願いしましたら気持ちよくOK出して頂きました。
「静岡県のわが家の専門家診断」という無料診断をさせて頂いたお客様です。
聞き取り調査をしていたら、気になる言葉が出てきまして、絵画が額って落っこちた
らしいんですね。(笑い取れる所ココだけですよ)
普通何の原因もなくて、ものは落ちませんので、ひょっとするとって思いました。
現況はこんな感じでした。

滲みの跡が、物語っています、外部は、外壁と屋根の取り合いの部分です。
耐震補強工事でここは絶対に、補強箇所にして、内部を確認しようと思っていました。
解体したら、想像以上に奴にやられていました。
木材は雨漏りがあると、濡れてどこで嗅ぎつけてくるのかシロアリが食べに来ます。

分かりますか?一番ひどい所、柱が1本そっくりなくなっているという事実、何度見てもビックリです。
外壁がモルタル塗りでしたので、モルタルの厚みでなんとか、自立していたんです。
もし、少しでも大きな地震が来て揺すられていたら、壊れていたかもしれません。
お客様最初すごいショックを受けていましたが、ここが直せたから良かったって言って頂きました。

補強工事の打ち合わせしていましたら、「キッチンも交換できる?」って
勿論、大丈夫ですよ~って、既存がL型キッチンでしたので、コスト抑えるためにも、最初I型で提案したん
ですが。長年親しんできたから、使い勝手がわからないーってことで、L型で落ち着きました。
でも行動派の奥様なので、何回もSRに脚を運んでくださり、決めて頂きました。
既存はこんな感じでした。

工事中の写真です、配管替えや、IH、食器洗浄機を組み込みましたので電気配線の新設等で、後ろ側は下地材も
剥がしました、床開けた時、おちゃめなニャンチャンが床下に入って、大工さんわからなかったから塞いじゃ
ったそうで、鳴き声を頼りに、奥様が夜中まで掛かって、床を剥がして救出劇を演じたそうです、
無事に戻れて良かったです。

出来上がりました、スライド式のキッチンなので、収納力も増え使い勝手も良さそうです。

キッチンの扉の色、床の色、キッチンパネルの色、本当に迷われていましたが・・・。
キッチン全体も、明るくなったかなと思います。
「これで良かった」って、本当に喜んで頂き、嬉しかったです、ありがとうございます。
工事もう少しです、よろしくお願いします。