スタッフ紹介Vol.3 「住まいの町医者的な存在になりたい」臼井勇貴

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

私たちのことをもっと知ってもらいたい。そんな思いで始めたスタッフ紹介も、もう3回目。
今回は、住宅事業部の臼井勇貴部長の登場です。

――― 具体的なお仕事内容を教えてください。

商品の企画や、その商品の良さをどうすればお客さまに伝わるのかを考えるのが仕事です。また、適正かつご納得いただける価格で提供できるよう、業者と話し合ったり材料を選定したりするのも私の役目です。

弊社は、他社がオプション仕様にするような、例えば断熱性の高い樹脂サッシを標準仕様としています。多く仕入れることで価格を抑えることができますが、決して安くするためにそうしているわけではありません。
家は建てて終わりではなく、30年も40年も住むもの。未来を基準に考えた結果なのです。

――― 臼幸産業の社員は、どのような方が多いのでしょう?

営業ベタの社員が多いかもしれません。ありがたいことに、ほとんどが紹介での受注ですから。
そのためか、自分たちが手がけている家が“良いものだ”と気づいていない人が多いと感じます。
悪い意味ではなく、入社してからずっとそれが弊社のスタンダードなので、当たり前だという感覚なのでしょう。
これも臼幸産業の良さのひとつですが、少しもったいないので、これからはSNSなどを使い、もっと発信していくつもりです。

――― 趣味はありますか?

ゴルフぐらいですね。
旅行も好きですが、人ごみや渋滞が苦手なので、大型連休などは出かけません。
出かけるとしたら国内をふらっと。目的地の近くにあるお城にはよく出かけました。
熊本城は圧巻でしたね。また、改修したばかりの姫路城の白さには驚きました。

――― これからの目標をお聞かせください。

臼幸産業は、家を建てる会社ではなく「住まい」と「くらし」を提供しています。
ですから「衣・食・住」のうち、「“住”のことならとりあえず臼幸産業にまかせれば安心」と言われるようになり、住まいに関わる医者のような存在になれれば本望です。

――― 未来のお施主さまにメッセージをどうぞ。

家を建てるのは、家族みんながより幸せになるためのライフイベント
多くのお施主さまの、その大事な節目のお手伝いができる仕事に就けて、本当に幸せだと感じています。

臼幸産業の建てる家は、お施主さまにとって100%の家ではありません。
ご希望をすべて叶えるだけでは100%ですが、私どもはその本質を見てプロの目からあらゆる提案をし、120%の家を建てることができます。

これからもたくさんのお施主さまと出会えること、楽しみにしています。