最新の防犯事情とは

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

皆さまは“すまいの防犯”と聞いて何を思い浮かべますか?

昔から一般的なのは砂利生垣
ガーデニングとしても楽しめる側面もあり、導入もしやすいことから、今でも根強い人気のようです。

また、セキュリティ会社のCMもよく見かけるようになりましたし、
ピッキングされにくい鍵、防犯カメラ、センサーライトといった防犯グッズも多く販売されるなど、世間の防犯意識も年々高まっているように感じます。


そこで今回ご紹介したいのは、Iot防犯アイテムです。

Iotとは、「Internet of Things」の略。
モノのインターネットと呼ばれています

最近幅広い分野で聞かれる言葉で、臼幸産業にもIotをふんだんに取り入れたモデルハウスがあります。

(「臼幸産業のモデルハウス紹介~清水町展示場~:http://usuko.co.jp/blog/lifestyle/3950/

Iot防犯には、次のような種類があります。

【施錠チェックシステム】
ドアや窓に取り付けたセンサーと専用アプリで、外出先でも施錠したかどうかの確認ができます。
もちろん、誰も家にいないはずなのにドアや窓の開閉があった場合、メール等で通知が来るシステムや、スマートフォンでドアの開閉ができるスマートロックシステムもあります。

【スマートカメラで手軽に監視】
さまざまな種類があり、機能もさまざま。
屋内を監視するなら、広範囲を映せるカメラがおすすめです。
屋外用は抑止効果もあることから、大きめなカメラが人気のよう。
暗い場所でも撮影可能な赤外線タイプなどもあります。

コストパフォーマンスも良く、気軽に取り入れられるIot防犯。
皆さまの安心安全な毎日のため、臼幸産業でもご相談を承っております。
気軽にご相談くださいね。