「“品質建築”を守り抜く。これまでも、これからも」碓田 保

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

私たちのことをもっと知ってもらいたい。
そんな思いで始めたスタッフ紹介、今月の登場は主にリフォームの現場監督を務める碓田保さん
この道20年という超ベテランです。


――― リフォームと新築、やりがいの違いはなんですか?

リフォームはもともとあるものをキレイにしたり、最新の設備に改修したりすることが目的のほとんどです。新築のゼロから作りあげる達成感も大きいのですが、工事をする前と後の変化を直接目で確かめられるところにやりがいを感じます。

――― 新築よりお施主さまと顔を合わせることが多いのでは?

お施主さまの気持ちって、日によって変化があるんです。その気持ちになるべく早く対応したいということはもちろんなんですが、安請け合いしてトラブルを招かないよう
できないことはできないと言える信頼関係を築くためにも、むしろこちらから積極的にコンタクトを取るようにしています。

――― お仕事で大切にしていることを教えてください。

モノを造る仕事なので、技術と知識を向上させていくことは大前提。
そのうえで大切なのは「お施主さまとの関係性」だと強く思います。

あと、しっかりと決められた会社の基準を満たし、臼幸が考える品質建築を守ること
ほかの協力業者からすると、臼幸は「ちょっとうるさい」存在かもしれません。

――― 未来のお施主さまにメッセージをどうぞ。

ご希望に沿うものをつくります。そのためにも、遠慮なくどんどんおっしゃってください。
よろしくお願いします。