住宅取得を応援! 国交省の4つの支援策

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

このたび国土交通省が、低迷気味だった住宅需要を回復させるべく、4つの支援策を創設しました。
概要をご説明します。

住宅ローン減税の控除期限を延長
これまで10年だった住宅ローン控除期間が3年延長され、13年になりました。
適用要件は、
1、返済期間が10年以上であること
2、床面積が50平方メートル以上あること
3、住宅ローン控除の適用を受ける各年の12月末日まで住んでいること

などです。

※居住開始時期や家の性能によって控除額が異なります

すまい給付金の最大額が50万円
住宅取得者の負担を軽減できるよう、収入に応じて給付金がもらえる制度です。
給付金の目安は、消費税率が8%の時は最大30万円(収入510万円以下の方が対象)、消費税率が10%になってからは、最大50万円(収入775万円以下の方が対象)です。

贈与税が最大1500万円まで非課税に
父母や祖父母から贈与を受けた場合、その目的が住宅取得のための資金贈与だった場合、通常かかってくる贈与税がかからなくなる制度です。

グリーン住宅ポイント制度を創設
省エネ住宅の取得や、省エネ機能を高めるためのリフォームなどを行う場合、追加工事や商品と交換できるポイントを発行する制度です。

例えば、認定長期優良住宅やZEH住宅を新築する場合は40万pt、断熱等級4かつ一時エネ等級4以上を満たす住宅については30万ptとなります。
また、東京圏や災害リスクが高い地域からの移住や多子世帯などは特例となり、さらに多くのポイントが付与されます。


どの支援策も要件や申請期限などがあるので、詳しくお知りになりたい方は国土交通省のHP(https://www.mlit.go.jp/index.html)をご覧ください。

もちろん臼幸産業でもアドバイスさせていただきますので、お気軽にご相談くださいね。

「50歳代のチャレンジは“習うより慣れろ”の精神で」鈴村直樹

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

今回のスタッフ紹介は、「元自衛官」という異色の経歴を持つ、住宅部の鈴村直樹さん。
未経験だった建築の仕事に就いて5年。
どういった思いで仕事に従事しているのでしょうか。

――― 未経験からのチャレンジ、大変なことはありませんでしたか?

専門用語はもちろん、木材でもいろんな種類がありますから、まずはその言葉や名前を覚えるのが大変でしたね。
勉強する、というよりは現場で覚えていきました。「習うより慣れろ」ですね。

自衛官を定年退職し、臼幸に再就職しました。
「建築」には興味がありましたが、休日がしっかりしていることや待遇面がよかったこともあって再就職を決めました。
とても働きやすい職場ですよ。

――― お仕事で工夫されていることは?

現場で余った部材を回収したり片づけたりするのが主な仕事なんですが、ただ倉庫に積み上げておくのではなく、棚を作り、種類や色分けしておいておくようにしました。
こうすることで「何が」「どこに」「どれくらい」あるかがわかるので、必要な時に探す手間がかなり短縮できるんです。

自衛官って整理整頓が基本なんです。
暗闇でもどこに何があるか把握していないといけないので。その経験が活かされているかもしれません。

――― これからの目標ややってみたいことってありますか?

最近体を動かせていないので、何か運動をしたいですね。あと、家族で旅行も。
仕事面では、定年までのあと5年、少しでもしっかりと務められるよう資格を取ることも考えています。
あとは、若いスタッフがより働きやすくなるよう、年長者として環境を整えていけたらと思っています。


――― 臼幸産業の未来のお客さまへひとことどうぞ。

臼幸産業は、どんなことにもこだわりを持って進めます。
どういった家を建てたいのか、イメージを伝えてくれれば必ず叶えられるので、スタッフとたくさん話をし、想いを伝えてくださいね。

快適で理想の家づくり

みなさんこんにちは。うす子です。

住まいに関するお悩み解決コラム第13回目は「今、家を建てるなら欲しいもの」について。
スタッフアンケートで、理想の家にはこれが欲しい!と思う物をリサーチしました☆

玄関の近くに手洗器 
→コロナの影響もあり、帰宅したらまずは手洗いをするという習慣がついたから。

ウォークスルーシューズクローク
→来客と家族の入り口を分けたいのと、収納動線がスムーズなのが良い。


広い土間
→こちらはうす子の意見です。スペースを取るキャンプ用品など、かさばる物を置きたいので、広々とした土間は外せません。

場所や高さを工夫したコンセント
→例えば、充電式の掃除機を収納しながら内部で充電したい。
ダイニングテーブルの高さに合った位置に設置して、卓上で料理する際の使い勝手を良くしたい。

パントリー
→日常的に使う物をストックするのはもちろん、
災害時用に水や食料を常備しておけるように、余裕のある収納スペースが欲しい。


共通しているのは、今の生活をより快適にしたいということ。
日々の暮らしで何気なく感じている「こうだったら…」という想いが、
理想の家づくりを叶える重要なポイントになります。

ぜひ、ご自身の家づくりの参考にしてみてください。
次回もお楽しみに。