豊門公園開園しました

平成29年度小山町豊門公園修景事業が完成。
 4月14日豊門公園開園式がおこなわれました。この豊門公園は日本の殖産興業、小山町の発展に大きく貢献した富士紡績が、地域住民や従業員の保健、修養、教育などの場を提供することを目的に大正15年(1924)に町や町民協力のもと会館、宿舎、庭園を整備したもので、平成16年(2004)に小山町に譲渡されました。公園内にある正門や噴水泉を含む6件が登録有形文化財として指定されており文化的価値のある公園です。

 今回の修景事業は、歴史的な重要性の再認識、観光資源としての活用を目的とした修景事業の1期工事で、ふるさと納税が活用されています。
 観光客が周遊しやすいよう園路を整備、植栽、サインの設置、外灯・ベンチ設置、銅像復元、創建当時の技法を用いて噴水泉・正門を改修、門柱復元など基本設計者とコンセプトを共有し、設計・施工しました。
 技術力、高い品質の確保、コスト削減、工期短縮などの企画提案を行い受注し、完成しました。
開発-臼幸産業facebook

正面西洋館の塔を中心にシンメトリーに配置した並木やボックスウッド。創建当時の噴水泉もよみがえりました。

整備した園路

西洋館の窓をモチーフにオリジナルデザインされたベンチを製作し設置。

かつらの並木は地中埋設支柱とし列植を美しく見せる工夫をしています。

THE GOOD NEIGHBORS PROJECT シンポジウムに参加

2月20日(火)小山町生涯学習センターで行われた野原住環境㈱主催 THE GOOD NEIGHBORS PROJECT シンポジウムに参加しました。静岡県内はもとより北は福島、南は香川、大阪から約130名が集まりました。THE GOOD NEIGHBORS PROJECT = 良き隣人プロジェクトは、行政が考える地方創生や町づくりとは違う切り口で、その土地の価値に共感する人達がその土地で暮らす人達とつながりながら、街を作って地域を盛り上げようというプロジェクトです。価値観を共有する街づくり、地域との交流の場づくりについて3人のスピーカーのお話をうかがいました。「移住してみたいと思う人」「行ってみたい・体験してみたいと思う人」「何を通して地方に人が集まるか」など全国の地方が取り組む地域創生について、深く考えるきっかけになりました。当社が出来る地域創生のお手伝いとは何か?地方企業の腕の見せ所かもしれませんね!

「ワクワクする家」「価値観を共有する街づくり」について話された植松氏


「地域との交流の場づくり」取り組事例:遠州バザールについて話された鈴木氏

ECI方式でトータルコントロール タイショーテクノス新工場建設工事 順調に進んでます!

この新工場建設工事にあたり、図面では分かり難い部分を検討できるよう、模型を製作してお施主様と協議を重ねました。

トータルコントロールするECI方式での受注ですので、設計段階から施行性を検討して設計に反映。決定している生産開始日に合わせて、提案させていただいた施工工程通りに順調に進んでいます。