スタッフ紹介Vol.4 「もっともっと建築を極めたい」井上秀幸

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

スタッフ紹介も早いもので4回目となりました。
今回は住宅事業部の、井上秀幸設計室長の登場です。

――― 臼幸産業へ入社した経緯をお聞かせください。

工業高校を卒業後、地元の建築会社に就職。現場監督で仕事を任されるようになりましたが、設計の仕事がしたくて設計事務所へ移り、一級建築士の資格取得を目指し、仕事をしながら勉強の日々でした。
そのようななか、あるとき自分が関わった住宅のお施主さまを見かける機会があり、お客さまの顔を知らないまま家を造っていることに少し違和感を覚えました。
御年35歳。転職するならラストチャンスかなと思い、直接お施主さまとお話ができる臼幸産業に入社しました。

――― 仕事に対する“こだわり”はどんなことですか?

私が今関わっているのは個人さまの住宅ですから、それぞれ思い描いているものは違います。ときには難しい要望を出される方もいらっしゃいますが、絶対に「無理です」とは言いません。お施主さまの要望を聞いたうえで、納得してもらえる代替案をお出ししています。

臼幸産業はアトリエではありません。設計者が自分の色を出すのではなく、お客さまのニーズをくみ取り、プロとしてご提案するのが仕事です。

この仕事を始めたばかりのころ、先輩からのアドバイスで建築雑誌を毎月買いはじめ、もう30年以上買い続けています。あまりに多くなりすぎて置き場所がなく……実は会社の書棚に置いてあります。他の社員も読んでくれているとうれしいのですが。

――― お休みの日の過ごし方、聞かせてください。

仕事が中心でしたので趣味らしいことはなにもないのですが、ただ仕事柄建築物を見るのが好きで、寺社仏閣をめぐることもあります。
富士登山にも50歳を過ぎてから挑戦し、山頂制覇はすでに4回。登らないと分からないことがたくさんある、と気づきました。
何ごともそうかもしれませんね。仕事も生き方も行動しなければ、わからないことだらけです。

――― 最後に座右の銘をどうぞ

「NEXT」です。
憧れでもあり目標でもある建築家、フランクロイドライトが「自分の今まで作った中でもっとも好きな建物は?」と聞かれたときの言葉です。
もちろん今をないがしろにしているわけではありませんが、今より次、次よりまたその次の作品が一番だと言える気持ちに感銘を受けました。

私ももっともっと建築を極めたいと思っています。

家づくりコラム「壁を楽しく活用しよう」

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

「造り付けの収納でスッキリさせたい」
「チェストを置いて見せる収納がいいわ」
「子どもが片付けしやすい収納ってないかしら」

家づくりの際、どういった収納にしようか迷われる方も少なくありません。
今回おススメする収納は、壁を活用した画期的な収納アイテム、
その名も「エマウォール」です。

(エマウォール:http://www.takara-standard.co.jp/product/emawall/interior_house/

「エマウォール」とは、タカラスタンダードから発売されている内装材のこと。壁に取り付けることで、さまざまな魅力を発揮するのです。

エマウォールの素材は、タカラスタンダードが得意とするホーロー。
ホーローというと、保存容器やマグカップ、やかんなどを想像する方が多いのではないでしょうか。

ホーローは、汚れや匂いが付きにくく、ガラスのような美しさと鉄の強さを併せ持っているため、丈夫なのにお手入れが簡単なのが大きな魅力。

そんなホーローを壁にすると、どのような可能性が広がるのでしょうか。

・収納ラックを自由に取り付け可能
強力マグネット式のラックを付けることで、思い通りのラックが作れます。
壁に穴を空ける必要もありませんし、自由に変更することができます。

・お絵描きボードや家族の伝言板としても
汚れがしみ込まないのも、ホーローの大きな特徴。
油性ペンで描いても水拭きで消すことができます。

・湿気にも強く、取り付け場所を選びません
浴室や洗面所などの水回りにも取り付け可能。
トイレに取り付ければ、掃除道具や洗剤を床置きする必要がなくなり、掃除も楽になります。

活用法もメリットも無限大な「エマウォール」。
あなたならどのように活用しますか?

ご夫婦で叶えた「ひっそりとたたずむ洋食屋さん」Part.3

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

臼幸産業が手がけた建物、シリーズ3回目の今回は
「ひっそりとたたずむ洋食屋さん」を建てられた
Kさまのお話をお届けいたします

http://usuko.co.jp/blog/lifestyle/3849/
:ご夫婦で叶えた「ひっそりとたたずむ洋食屋さん」Part.2)

==============
Kさま(奥様)
==============
自分の店を建てるのは、ずっと主人の夢でした。
今は主人が厨房で調理をし、私がホールを担当しています。

臼幸さんで建てようと決めたのは、
友人が勤めており、紹介されたのがきっかけです。

基礎工事から浄化槽など、すべておまかせできるという安心感がありましたし、
実際に、経験や実績からなるフットワークの軽さを感じました

こちらからの要望は、
「隠れ家のような、村の洋食屋さん」というイメージのほか、
寒冷地のため、風除け室を設けることと窓は小さめにすること、
そして屋根は片流れにすることでした。

外観は少し地味な印象ではありますが、
あまり目立たず、ひっそりとたたずむ感じがほしかったので
良かったな、と感じています。

日に日に愛着がわいてきて、
お客さまにも「素敵な内装ね」と褒められました。
うれしいですね。

私たちは、家づくりに関しては素人です。
何を聞けばよいか、それすらもわからない時があります。

ですから、これから家やお店を作ろうとお考えの方は、
ぜひともたくさん現場を見にいきプロの方とたくさん会話をし、
たくさんのアドバイスをもらってください

将来は、この店を息子に託すつもりです。
臼幸さん。この先もずっと、どうぞよろしくお願いします。

==============
臼幸
==============
Kさま、ありがとうございました。
近々、おいしい洋食をいただきにお邪魔しますね。

こちらこそ引き続きよろしくお願いします。