今日は、須走で耐震診断をしてきました

こんにちは、設計担当の井上です。
今日は、須走地区の住宅を耐震診断してきました。
小山町長さんが、町内の旧耐震の住宅の耐震性を気にして、わが家の専門家診断の耐震診断率をあげようと、
予算を確保してくれました。
まずは、自分の住宅がどんな状況なのか判断して頂くことが大事なのかなと、自分も思います。
診断をしている、静岡県耐震診断補強相談士の建築士会のメンバーも真剣に相談にのってくれると思います。
今日のお宅は広かったので、3時間掛かってしまいました。
小屋裏の木材の状況はこんな感じです。

これ、わかります?柱が梁まで届いてないです。
だから、耐震壁として参入出来ません、たまたま、天井点検口の近くだったので、仕口確認出来て良かったです。
この壁算定していたら、数値が上がってました。
私が診断をしたお客様には、現場で撮った写真プリントアウトして、お見せするんですが、材木は健全ですよねぇ。
さすがに、ホコリはかぶっていますが上棟したそのままではないですか?
そんな説明をすると、ほっとしたって、耐震の数字が悪くても喜んでくれます。
そんな皆さんとお話したくて、小屋裏に入れるように、太らないよう注意しています。
診断の帰り道、気になっていた神社に寄ってきました。

伊奈神社です、須走にきてここを知らなかったら怒られますよね。
すいません、初めてお参りさせて頂きました。
もっと怒られるのが、伊奈半左衛門忠順公をよく知らなかったことでしょうか?

早速ウィキペディアで調べたこと、引用したことを紹介します。

宝永4年(1707年)11月に発生した富士山の噴火は実に620年ぶりの空前の大噴火で、現在も富士山の東南斜面に巨大な噴火口を残し、盛り上がった部分は宝永山と呼ばれる。約半月にも及んだ噴火により、小田原藩の全領約10万石のうち、6割が大量の火山灰に埋まり、遠く江戸でも2寸積もったという記録が残る大被害となる。

忠順はこの噴火に対し、砂除川浚(すなよけかわざらい)奉行と呼ばれる災害対策の最高責任者に任じられ、主に川底に火山灰が堆積していた酒匂川の砂除け、堤防修復などに従事した。しかし、もっとも被害の酷かった駿東郡足柄・御厨地方へ幕府の支援が一切行われず、59もの村が「亡所」とされ、放棄され飢餓に苦しむ者が続出している悲惨な状況となっていた。忠順は酒匂川の改修工事に被害農民を雇い入れることで生活の安定を図り、農地を回復させるための土壌改良にも取り組んだ[2]。忠順は復興開始から4年後、事業半ばで死去。墓所は源長寺(現在の川口市)。戒名は嶺頂院殿松誉泰運哲翁大居士。

忠順の救済により救われた農民たちは、その遺徳を偲び慶応3年(1867年)に祠を建て、その後、須走村(現在の静岡県駿東郡小山町須走)に伊奈神社を建立し忠順の菩提を弔った。伊奈神社には忠順の像も立つ。大正時代になって忠順の業績を称えて従五位下に叙せられている。

ウィキペディアって、すごいですよね、エンターキー押したら、パット出るんですよ、詳しい資料が勉強出来ました。


皆さんも、近くにいらしたら、ぜひお参りしてください。
立派な神社でした。寄って良かったです。

「宝永噴火と伊奈半左衛門伝承」と言う 講演会と講談があります、広告載せます興味有る方は
どうぞ

節分

今日は、御殿場支店臼井です。

陽は大分永くなって来ていますが、まだまだ寒い日が続いています。
今日は節分、明日は立春です。
気温の底もピークを過ぎ、徐々に春めいて来ました。
花芽も多く見られます。

節分には、多くの家庭で豆まきをしたり、恵方巻を食べたりします。
季節を分ける日、立春が新年であれば今日は大晦日。
旧年の厄払いや災難を祓い清めるため、
室町時代から豆をまいて、悪鬼を追い出す行事になったそうです。
京都では、表鬼門にあたる吉田神社、裏鬼門にあたる壬生寺の節分祭が有名だそうです。
豆は、魔滅に通じ、無病息災を祈る意味があり、
魔の目に豆を投げつけて、魔を滅するにも通ずるようです。
豆まきの豆は、炒った豆を使います。
炒るは射るに通ずるようです。

鬼は角があり虎の腰巻をはいているのは、鬼門に通じていると言われます。
鬼門は北東、十二支の丑寅の方角にあたります。
牛の角を持った姿で、虎の腰巻を身に着けています。
古来鬼は、隠が転じたもので、姿が見えない恐ろしいものの意味のようです。
邪気や魔の象徴として、鬼を払うことのようです。

その他節分には、柊の小枝に鰯の頭を付けて飾ります。
柊のギザギザの葉が鬼の目に刺さり、焼いた鰯の匂いで鬼が逃げると言われます。
食べるものといえば、恵方巻き。
今年の恵方は、北北西。
恵方巻きは、七福神にならって七つの具材を入れることで、
福を巻き込むと言う願いがあるそうです。
恵方巻きを切らずに丸かぶりするのは、縁が切れないようにするとの意味だそうです。

節分の行事も楽しいものだと思います。
しっかり邪気を払って、
立春大吉を迎えたいものです。

ハウスメーカーの動向は?

臼幸産業 御殿場支店 大場
先日、キラメッセ沼津での「住まいるフェスタ」を訪れてみました。業者としてではなく一般とし入場しました。
 目的は、「住まいるフェスタ」には地元の多くのメーカーが参加していますので、各メーカーは今何を「売り」にしているか、参考になればと・・・・。
 結果としては、やはり「ゼロエネ住宅」を掲げているメーカーがほとんどでした。もちろん臼幸産業も「補助金対象ゼロエネ住宅」は施工済です。
 「ゼロエネ住宅」とは、消費するエネルギー(光熱費)と創り出すエネルギーが正味「ゼロ」となる住宅の事です。しかし、住宅の性能については今一つ解り難いと思います。分かり易いように車に例えたら、「燃費性能」のようなものでしょうか。今後は住宅の性能表示も詳細な数値化された性能表示が要求され、車と同様な表示が必要となるかもしれないなと思います。
 と、なるとこれまで以上に「精度と品質」が要求されることでしょう。しかし、「任せてください」ここは、臼幸産業が一番得意とするところです。そして、お客様の期待に必ず応えるように臨みます。