卯月(うづき)4月になりましたね。

こんにちは、設計担当の井上秀幸です。
前回のブログで紹介しましたが、御殿場区の吾妻神社の神事、「吾妻祭」に参加してきました。
新年度の区民の皆様のご健勝と交通安全、五穀豊穣を祈願する行事です。
毎年、各区の役員さん達が行っていることなんだと自分がやるまでちーっとも知らなかったです。

昨年が大祭でしたので、今回は、社殿祭です、本殿で神輿に御霊移しを行い。
写真のように、参道にお神輿が一日鎮座します。

多分この役終わったら着ることないでしょう、羽織袴

貴重な経験をさせて頂いています、ただ自分達は、地鎮祭で神官さんに作法等教えていただいていますので、
なんとなく雰囲気には慣れているのが救われます。
この神事で、平成28年度の区長、副区長、先輩協議員の皆さんは、役目が終了になります。
先輩方から、いろいろな事を教えて頂き、本当に良い経験をさせて頂いた一年でした。

さて話は変わりますが、すっかり耐震診断にハマっている?
小屋裏フリークになっていますが、昨日も上ってきました。
奥さんが、「うちはスズメバチが多くて、多いいときは一日で20匹もスプレーしたのよ」と聞いて
まぁこの時期は空き家だよなって自分に言い聞かせて、恐る恐る押入のラワン合板開けてみました。
出ました、新記録、巣が5個
何か診断しているのか、小屋裏覗いて楽しんでいるのか分からなくなってきましたね。


外壁が鉄板で、母屋が出ている所にちょっとした隙間があると、入ってきて、巣をつくります。
これからは、巣作りの季節です、簡単に天井裏見れないです。

すいません、耐震診断の話しを忘れる所でした。

金物は亜鉛メッキ製品を使っていて、錆がなく良いのですが、左側の梁の側面見るとシミが確認出来ます。
壁と屋根の取合いから、雨水が入っている痕跡です、お施主様にお伝えして、修繕の検討をしたいと思います。
新年度も、どうぞ宜しくお願いします。

遠江の国

 御殿場支店  大場
 今、NHKの大河ドラマで「井伊直虎」が放送されていますが、直虎が活躍した「遠江の国」は現在の浜松市北区引佐町(東名高速浜名湖サービスエリアの北側)です。私は出身地が「遠江森」ですので、当時の遠江の国ってどうなっていたのか? と、思いつつ放送を楽しんで見ています。
 先日の放送で、「直虎」の許嫁であった「井伊直親」が駿府に向かう途中、今川氏真の命令で殺害されたのですが、その場所が掛川城下であることも初めて知りました。また、伊井谷(引佐町)から駿府(静岡)までどんなルートで向かったのか。当時は徒歩ですし川に橋も架かってなかってでしょう。私が知っている川だけでも「都田川・天竜川・太田川・逆川・大井川・安倍川」、そして「日坂峠・丸子峠」距離にして現在でも100km前後あるはずで、当時はもっと距離があったと思います。どんな気持ちで駿府に向かったのでしょうか・・・。
 私は高校時代掛川に通っており、掛川城やその近隣は友人との下校寄道ルートでした。そんなことを懐かしく思いながら自分の育った地域で歴史に登場する人物が東奔西走していたと思うとちょっと楽しくなってきまして・・・。「直虎」の時代では「遠江」が今川家に支配されていますが今川も1490年代後半に「北条早雲」と組んでこの地を奪ったのです。その後は、今川、武田、徳川による争奪戦が繰り返されたようです。
 季節もいよいよ春です。久しぶりに高校時代を思い出しながら、掛川城を見学して歴史を楽しんでこようかと思います。