立冬

今日は、御殿場支店臼井です。

富士山も白くなり、いよいよ冬支度です。
季節は冬の始まり、立冬になります。
立とは、新しい季節になるという意味があり、
四立(しりゅう)、立春・立夏・立秋・立冬となり、季節の大きな節目です。
朝夕冷えこみ冬が近いことを感じます。
木枯らし1号も吹く時期だそうです。
皆さん体調には十分気を付けて下さい。

中国では立冬補冬、補空

紅葉狩り

こんにちは、御殿場支店の原口です。

秋も深まり、濃淡も色合いもさまざまな赤と黄が織りなす美しい
紅葉を鑑賞する紅葉狩りは、平安時代の貴族による優雅な楽しみ
のひとつとして始まったそうです。紅葉の美しさを愛でながら、
酒を飲みかわし、和歌を詠む宴が催されたといいます。
 ちなみに、もみじはカエデのことを指しますが、カエデに限ら
ず、秋に葉が赤や黄に色ずく植物を総称して「もみじ」と呼ぶそ
うです。
 では、同じ花を観賞するのでも、桜はお花見なのに、紅葉はど
うして紅葉狩りと称するのでしょう。
 平安時代、桜などは邸宅や内裏の中で鑑賞できたのに対し、紅葉
は山や渓谷に出かけなければ楽しむことができなかった。キノコ
狩りや猪狩りのようにわざわざ山に足を延ばしたこと、赤や黄に
色づいた紅葉を拾い集めたことなどから、平安貴族は紅葉を観る
ことを狩りにたとえて「紅葉(もみじ)狩り」と命名したと思わ
れ、「~狩り」という言葉には、季節の風物を鑑賞する、楽しむ
という意味が加わったそうです。

紅葉狩りを楽しみましょう。

パワースポット

こんにちは、住宅営業の冨岡です。

最近、調子が好くないので・・・
パワースポットと呼ばれる
箱根神社に行ってきました。
箱根神社は他に九頭龍神社と箱根元宮があり、
3社を同時に巡って来ました。


境内は清々しい空気が漂っていました。

箱根神社には、九頭龍神社新宮があり、
同時にお参りすることが出来ました。

ロープウェイに乗って駒ヶ岳頂上にある箱根元宮へ・・・
外国人観光客が乗客の半分ほどもいました。
登った先の頂上は全く景色が見えない雲の中・・・
がっかりしたのは、他の人たちも同じ。
と気を取り直して、
最後は、湖畔にある九頭龍神社本宮へ

3社を巡って心地の良い疲れがあり、
なんか良いことがありそうな気がしてきました。