臼幸産業のモデルハウス紹介 ~ 御殿場展示場 ~

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

今回皆さまにご紹介させていただくのは、御殿場にあるモデルハウス「栢の木の家」。
毎日忙しい奥様に、少しでも快適に過ごしていただけるよう工夫をこらしたモデルハウスです。

コンセプトは家事らくの家」。
子育て世代のご家庭に大変ご好評いただいているモデルハウスです。
「栢の木の家」のモデルハウスには3つの家事らくポイントがあります。

【3つの家事ラクポイント】

<ペアガラスで家事らく>
断熱性の高いペアガラスも標準仕様。快適さはもちろん結露が発生しにくいため、拭き掃除の手間も最小限に抑えることができます。

<浴室暖房乾燥機で家事らく>
浴室内の湿気を素早く除去するため、カビの抑制効果も大きく、掃除にかかる時間を大幅に削減できます。また、衣類乾燥機として使えば、天候を気にすることもなく短時間で乾かすことができます。

<家事動線を考えて家事らく>
調理して運ぶ、洗濯をして干す、片付け前に掃除するといった、家事を行うときにどういった動きが必要かを踏まえ、その動きに合うよう間取りやユーティリティを配置。
家事の効率がぐんとよくなります。

ポイントを列記しましたが、これら実は臼幸産業では標準的な仕様
御殿場のモデルハウスは、いわば臼幸産業のスタンダードコンセプトなのです。

こちらモデルハウスの公開は2019年8月末まで
ぜひご家族でお越しください。
お待ちしております。

【栢の木の家】
住所:御殿場市二枚橋535-10
フリーダイヤル:0120-748-330
営業時間:10:00〜18:00(火曜日定休)
http://usuko.co.jp/housing/model-house/
お問い合わせ・ご予約は、フォームからお気軽にどうぞ
http://usuko.co.jp/contact/

スタッフ紹介Vol.3 「住まいの町医者的な存在になりたい」臼井勇貴

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

私たちのことをもっと知ってもらいたい。そんな思いで始めたスタッフ紹介も、もう3回目。
今回は、住宅事業部の臼井勇貴部長の登場です。

――― 具体的なお仕事内容を教えてください。

商品の企画や、その商品の良さをどうすればお客さまに伝わるのかを考えるのが仕事です。また、適正かつご納得いただける価格で提供できるよう、業者と話し合ったり材料を選定したりするのも私の役目です。

弊社は、他社がオプション仕様にするような、例えば断熱性の高い樹脂サッシを標準仕様としています。多く仕入れることで価格を抑えることができますが、決して安くするためにそうしているわけではありません。
家は建てて終わりではなく、30年も40年も住むもの。未来を基準に考えた結果なのです。

――― 臼幸産業の社員は、どのような方が多いのでしょう?

営業ベタの社員が多いかもしれません。ありがたいことに、ほとんどが紹介での受注ですから。
そのためか、自分たちが手がけている家が“良いものだ”と気づいていない人が多いと感じます。
悪い意味ではなく、入社してからずっとそれが弊社のスタンダードなので、当たり前だという感覚なのでしょう。
これも臼幸産業の良さのひとつですが、少しもったいないので、これからはSNSなどを使い、もっと発信していくつもりです。

――― 趣味はありますか?

ゴルフぐらいですね。
旅行も好きですが、人ごみや渋滞が苦手なので、大型連休などは出かけません。
出かけるとしたら国内をふらっと。目的地の近くにあるお城にはよく出かけました。
熊本城は圧巻でしたね。また、改修したばかりの姫路城の白さには驚きました。

――― これからの目標をお聞かせください。

臼幸産業は、家を建てる会社ではなく「住まい」と「くらし」を提供しています。
ですから「衣・食・住」のうち、「“住”のことならとりあえず臼幸産業にまかせれば安心」と言われるようになり、住まいに関わる医者のような存在になれれば本望です。

――― 未来のお施主さまにメッセージをどうぞ。

家を建てるのは、家族みんながより幸せになるためのライフイベント
多くのお施主さまの、その大事な節目のお手伝いができる仕事に就けて、本当に幸せだと感じています。

臼幸産業の建てる家は、お施主さまにとって100%の家ではありません。
ご希望をすべて叶えるだけでは100%ですが、私どもはその本質を見てプロの目からあらゆる提案をし、120%の家を建てることができます。

これからもたくさんのお施主さまと出会えること、楽しみにしています。

家づくりコラム「レンジフードのお手入れ」

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

皆さま、「レンジフードのお手入れ」はどうなさっていますか?
毎年、大掃除の時期になると「普段からお手入れしておけばよかった」と思う方も多いのではないでしょうか。

レンジフードの汚れは、とてもガンコ。さらに、器具のパーツも多く複雑なため、ほとんどの方が「掃除が大変という印象を持っています。
しかしお手入れをあきらめてしまうとさらに汚れが増し、ますます落ちにくくなるという悪循環が生じます。

加えてレンジフードの機能自体も低下してしまうため、排出するはずの汚れた空気が部屋中に蔓延してしまう。レンジフードだけでなく、部屋全体が汚れてしまうという結果になってしまうのです。

レンジフードの汚れを避けるため、レンジフードフィルターを利用している方も多いかと思いますが、その正しい取替え時期を実は知らない方が多いのです。

汚れたら取り換える、はNG
汚れる前に取り換え、いつもきれいな状態にしておくことが重要なのです。

汚れたレンジフードフィルターは目詰まりしてしまい、レンジフードの機能を十分に生かすことができなくなります。よって、汚れた空気が部屋中に広がり、壁や天井、カーテンなどにも汚れが広まってしまいます。
また、油分を大量に吸っているため、非常に燃えやすい状態です。着火温度も低くなるため、火事の危険性も増してしまいます。

最後にご紹介したいのは、各メーカーから販売されている「洗えるレンジフード」です。

パナソニックの「ほっとくリーンフード」は、電源を切るとファンが自動で高速回転し、油汚れを吹き飛ばしてしまうという機能が付いています。
吹き飛ばした油汚れがついたプレートは、1年に1度洗うだけでOKです。

クリナップから発売されているのは、その名も「洗エールレンジフード」。ボタン一つでフィルターだけでなくファンも丸ごと自動洗浄してくれます。

新築や建て替えをお考えの方は、お手入れしやすいレンジフードを検討してみてはいかがでしょうか。
私たち臼幸産業にもお気軽にご相談ください。