ラクチンお洗濯で、毎日をもっと快適に

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

毎日の家事のなかでも、洗う、干す、取り込む、たたむ、しまう……と工程の多い「洗濯」は、少しでも楽にしたい家事のひとつ

今回は、お洗濯に関するお悩みと、その解決法をご紹介します。


◆洗濯前の仕分けに時間がかかる
脱衣カゴを複数用意し、「色柄もの」「おしゃれ着」などラベリング。脱いだ際にあらかじめ仕分けておくことでかなりの時短になります。
スペースがない場合は、エコバッグをつるすという方法もおすすめです。

◆部屋干しが乾きにくい
角ハンガーの場合、長いものを両端に、短いものを中心部分に干します。アーチ型になるよう意識して干すことで、洗濯物が空気に当たりやすくなります。
また、ジーンズなどは筒状に。ポケットは裏返して干しましょう。

◆立ったり座ったりが大変
立ったままたためるよう、物干しスペースの近くに作業台を置きましょう。ハンガーから外すごとに一枚ずつたたんでいけば大幅な時短になります。
アイロンかけスペースとしても重宝します。

いかがですか?
今回、すぐにできるアイデアをご紹介しましたが、実はお洗濯を劇的に楽にするもっとも重要なポイントは「動線」なんです。

洗濯機を回している間に食事の準備や片付けをする方も多いはず。
洗濯スペースはキッチン近くに配置すればスムーズですね。
洗い終わった洗濯物は、案外重いもの。
干すスペースは、洗濯機がある場所から近い方が良いでしょう。

タオルや下着、パジャマなどは、脱衣スペースに収納できれば、たたんだものがすぐしまえて時短になります。
子どもも自分で取り出すことができるので、着替えを準備する手間も省けますね。

これまで多くのお施主さまと家づくりをしてきた臼幸産業は、家族構成やライフスタイル、間取りによって異なる「ベストな家事動線」のご提案をさせていただきます。
家づくりの際は、ぜひお気軽にご相談くださいね。

小山町落合地域優良賃貸住宅進捗状況-10

現場は、先月に引き続き内装作業を進め、外壁の塗装作業に入りました。

A,B,Cタイプ別に先行モデルルームをつくり、小山町役場の担当課による中間モニタリングを行いました。
書類検査を受けたり、先行モデルルームの現場確認で内部仕様や仕上げ状況をご確認いただきました。

入居のご案内はこちらです。小山町落合地域優良賃貸住宅 グランファミリア落合入居者募集

「答えは自分の中にある」髙杉侑希

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

毎月恒例となりましたスタッフ紹介。お楽しみいただいていますでしょうか。
15回目となる今月ご紹介するのは、この3月に晴れてパパとなった、工務課の髙杉侑希です。


――― 入社のきっかけを教えてください。

父が臼幸産業で働いており、小さなころから仕事の話をよく聞かされていました。
父のようになりたいという思いがあり、建築を志したのもその影響からです。
大学卒業後すぐに入社したい気持ちもありましたが、父から「別の会社で修行をしてこい」と言われ、大学のあった千葉のハウスメーカーに就職。その後臼幸産業に入社し、今年で6年目です。

――― 臼幸産業はどのような会社ですか?

以前はハウスメーカーだったので、決まりごとやルールに縛られている感覚があったのですが、臼幸にはそれがないですね。
ただ自由度が高いぶん、スキルの高さが必要だということも身に染みて感じています。良いものをつくるには良い提案、良い提案をするためには多くの知識が必要です。
今も少しでも知識を増やそうと、先輩の現場を見学に行ったり相談したりするように心がけています。

――― ズバリ、ご自身の性格を分析すると?

プレッシャーには強いとは言えませんが、負けず嫌いなので「こいつダメだな」と思われないよう踏ん張っています。責任の大きい仕事ですから。
あと、先輩方の意見を聞くことも多いのですが、基本的に「答えは自分の中にある」と思っています。周りに流されて自分の考えを変えることはありません。

――― これからの目標を聞かせてください。

住宅部なので木造がメインですが、木造+鉄骨のハイブリッド住宅など、木造以外の建物にもチャレンジしたいですね。
そのためにはまだまだ知識が足りません。早く諸先輩方と肩を並べて仕事ができるよう、よりいっそう努力します。