どっちが先? 土地選びと家づくり

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

土地探しが先か、建築会社探しが先か。
どちらが先かと聞かれたら、「土地探し」と答える方が多いのではないでしょうか。

土地がなければ家を建てられませんから、当然のように思われるかもしれませんが、実はそうとも言いきれません。
できれば、土地探しをしながら建築会社探しも同時進行することをおすすめします。

というのも、実際にこのような事例が考えられるからです。

・地盤が悪かったり高低差があったりで、追加工事が必要になった
・水道や電気など、ライフラインの設備が整備されておらず別途費用がかかってしまった
・3階建てを希望していたのに、建ててはいけないエリアだった etc.

どれも、予想以上にコストがかかってしまったり、建てたかった家をあきらめざるを得なくなったり……。
これでは本末転倒です。

そういったことも含め相談に乗ってくれる不動産屋さんも存在しますが、やはり「餅屋は餅屋」。
建築については建築会社に相談するのが一番です。


土地探しと建築会社探しは同時進行で
もしくは、土地探しから相談に乗ってくれる建築会社を探すことから始めましょう。

もちろん臼幸産業は、その第一歩から快適な暮らしを叶えるというゴールまで、お客さまに寄り添いずっとずっと併走いたします。
お気軽にご相談くださいね。

2020年度入社のニューフェイス3人組

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。


今回のスタッフ紹介は、2020年4月に入社した新入社員が登場。
入社のきっかけやこれからの目標を語ってもらいました。

==================================

【住宅営業部:馬場 雄司(ばば ゆうじ)】
自営業で育ったこともあり、住んでいる町を活性化させたい思いがありました。臼幸産業は地元でもよく知られる企業で信頼もあることから、入社を希望しました。

大学は経営学部だったので、この業界は知らないことばかり。
常に新しいことを学んでいる状態で、とても新鮮です。
その一方、大学で学んだマーケティングやSNSの活用法などを営業という仕事に活かし、静岡県の中西部にも「臼幸」の名前をもっと知ってもらえるよう努力したいと思っています。


【建築部:油井 悠太(ゆい ゆうた)】
沼津工業で建築を学び、この道を選びました。
学校で学んだことを実際に見て教科書で覚えたことを思い出し、頭で覚えた知識ではなく、「本当の知識」として、少しずつ自分のものになっていく感覚があり、とてもうれしく思います。

仕事を安心して任せてもらえるよう、さまざまな資格取得を考えています。そのためにも、わからないことがあったらそのままにせず、しっかりと理解しながら進んでいきたいです。


【住宅部工務:青木 颯斗(あおき はやと)】
高校生のころ、家の設計に興味を持ったのが、この業界に入ったきっかけです。
当初は建築士になりたいと思っていましたが、今は家づくりのスタートから完成までを見られる「監督業」に興味を持ち、性格的にも向いていると感じました。

目標は、会社に必要とされる存在になること
そのためにも、子どものころのように、小さなことにも疑問を持ち答えを探し、自分の知識として蓄えていきたいです。

冬場の洗濯を快適に

みなさんこんにちは。うす子です。
住まいに関するお悩み解決コラム第10回目のテーマは「冬場の洗濯事情」について。

晴れている日でも気温が低く、日照時間が短い冬場は、乾きづらい洗濯物に悩まされる季節ですよね。
そんな冬場の洗濯悩みを解消してくれる、便利な設備をご紹介します☆

ガス衣類乾燥機【乾太くん/Rinnai】
ガスのパワーでスピード乾燥が叶います。
冬場はもちろん、厚手の洋服や急いで乾かしたい物、小さなお子さんがいるご家庭にもとても便利です。


天日干しと同レベルの除菌効果がありながら、ふんわりとした仕上がり。
80℃以上のパワフルな温風で、生乾き臭もしっかりとカットしてくれます。
5㎏の洗濯物を約52分で乾燥でき、1回に掛かるコストは約60円と経済的。
コインランドリーに行く手間も省ける優れものです。

室内物干ユニット【ホシ姫サマ/Panasonic】
天井スペースを利用して洗濯を干せる便利なアイテムです。
操作は電動・手動から選ぶ事ができ、作業する時は手元まで下ろせるので使い勝手が良く、使わないときは天井にすっきりと納めることができるのでインテリア性を損ないません。



生活動線を邪魔することなく、
急な雨や、花粉・梅雨・台風の時期にも活躍してくれるアイテムです。

そのほかにも、天候に左右されることなく洗濯物を干せるサンルーム浴室乾燥機も、家づくりの際に重宝されています。
洗濯物同士の間隔を10㎝程度空けること、厚手の物は裏干しにする、といった工夫も乾きが早くなるコツです。

ぜひ参考にしてみてください☆
次回もお楽しみに。