箪笥

平成30年6月4日
沼津営業所 臼井敏光

栗田家具センター三島店で仙台箪笥のフェアを開催しています。

家具と言えば生活に必要不可欠なもの
私も妻と結婚したときは、婚礼家具を義父・母から買ってもらいました。

結婚した当時の家は、その婚礼家具を一列に並べることが出来なくて、自宅を建て替えたときには、寝室の間取りを一列に並べられることを優先に計画しました。

私の自宅もそうですが、今はクローゼットやウォークインクローゼットなど造り付けにして必要最低限のものしか置かないライフスタイルが多いですね。
今、当社で住宅相談コーナーを開設している栗田家具センター三島店内にもほとんど婚礼家具はありません。
婚礼家具を専門にしてきた家具メーカーさんは、インテリア性の高い飾り棚やTVボードなど新たな商品開発を進めて新しいライフスタイルの提案をしているようです。

さて、仙台箪笥。。。
広告を見てすごく興味を惹かれました。
小さい時におじいちゃん、おばあちゃんの家にあった渋ーい箪笥です。

からくり箪笥

抽斗が二重底になっていて、尚且つ、その抽斗を外すと、そこには隣の抽斗の隠し錠が仕組まれていて、さらに抽斗ごとに錠前があり…簡単には開けられず、
巾120㎝ 高さ90㎝の大きさながら漆を何重にも塗り重ねたその重量で簡単には持ち上げることも出来ず、金庫…というより昔のレジスターです。


時代の変化とともに求められる商品も変わり、もはや実用というよりは高級インテリアです。
漆塗りも多種多彩です。さすが日本の伝統技術!
すごく高級感がありました。

こころを惹かれつつ、わが家に置く場所もなく、目の保養だけさせていただきました。

開催期間は5日(火曜日)までのようです。
興味のある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?