家づくりの流れをご紹介 


みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。
今回は、臼幸産業にて家づくりを始める際の家づくりの流れについてご紹介いたします。
 
1、イベントでマイホームを体感
モデルルームや見学会など、定期的に来場くださった皆さまが学ぶことができ、楽しめるようなイベントを開催しております。家づくりについて肌で感じていただき、皆さまの家づくりの参考となればと考えております。お気軽にご参加ください。
 
2、ヒアリングとご予算の相談
皆さまの描かれている家づくりのご要望や、将来の暮らしのイメージなどをお伺いします。よりお客さまに家づくりをイメージしていただけるよう、一人一人に合わせたオリジナルのロードマップを作成しお渡ししています。もちろん、資金計画についてもおまかせください。
 
3、敷地調査
「現地調査」「近隣調査」「法的調査」の3つから、建築予定の敷地を徹底調査いたします。
 
4、プランの提示
専任の営業マンと設計がタッグを組み、お客さまの家を設計。ご要望を踏まえ、実際に使いやすい間取りかどうか、ギャップはないかなどを詳細まで確認していきます。問題点があれば、一つ一つとことん話し合い解決していきます。
 
5、再確認~契約
具体的なプランを再確認後、ご納得いただけたところで図面の決定や提案ボード、見積もりや資金計画表を提出。契約となります。
契約では、契約書の読み合わせや、瑕疵担保席に保険などの説明も詳しく行います。
 
 
臼幸産業がおすすめするのは、
資金計画をもとに快適な暮らしを実現させる「適切な家づくり」。
家は一生に1度と言われる大きな買い物ですから、お施主さまに妥協をしてほしくはありません。
だからこそ、しっかりとお互いが納得してからじゃないと契約はいたしません。
 
安心を提供したいのは、建てる前も同じこと。
これも臼幸産業の願いです。