ご夫婦で叶えた「ひっそりとたたずむ洋食屋さん」Part.2

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

前回に引き続き、
臼幸産業が実際に手がけた飲食店さまをご紹介。
今回は内観について、詳しくお伝えします。

(ご夫婦で叶えた「ひっそりとたたずむ洋食屋さん」Part.1 http://usuko.co.jp/blog/lifestyle/3844/


◆ 内装は“洋食屋さん”感をふんだんに ◆

外観はあえて店舗感を出さないというご希望でしたが、
内装はその逆で、お店らしさが出るよう
見せる梁」をご提案いたしました。

梁とは、柱と柱をつなぎ、床や屋根などの荷重(物体に作用する力)を伝える役目を担う、建物にはなくてはならない部分を指します。

通常は見えない部分に設計されている梁ですが、
今回は、見せることで空間全体にアクセントを与えています

さらに全体が引き締まるよう
建具や窓枠ともカラーを合わせ、濃い目の色をチョイス。
白い壁に映え、とても印象的になりました。

その他、床材は耐久性に優れている塩ビタイルを。
壁や天井の仕上げ材にはビニールクロスを使用し、
毎日のお手入れがしやすくなるよう、工夫いたしました。


いかがでしたか?
見せる梁が演出する、落ち着いた居心地の良さは
ご希望だった「村の洋食屋さん」にもピッタリです。

次回はお施主さまのお声をご紹介いたします。
お楽しみに。