テクノストラクチャーの耐震その1「構造計算とは」

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

日本は地震の多い国だと言われています。
そのようなことから「地震に強い家」を建てたいと、
耐震性に重きを置きたいと考えるお施主さまも多くいらっしゃいます。

では、「地震に強い家とは、いったいどのような家なのでしょうか

地震に強い家を建てるには、忘れてはならないポイントが2つあります。

今回はそのなかのひとつ、構造計算」について詳しくご説明させてください。


「構造計算」とは、家の強さを科学的に確認する方法のこと
地震だけでなく、台風や大雪といったあらゆる災害において
耐えられる構造であるかどうかを図るためのものです。

間取りも建てる地域も違いますから、
1棟1棟すべてにおいて計算することが重要なのですが、
実はこの構造計算、2階建ての木造住宅には
法律で義務付けられていないのです……。

ずっとお住まいになる大切なお家なのに、
「たぶん、きっと大丈夫」では安心して暮らすことなどできません。

ですから、テクノストラクチャー工法では全棟構造計算を実施しております。
私たちが自信を持って臼幸産業の家をおすすめするのには、
こういった理由があるのです。

臼幸産業の耐震へのこだわり、皆さまに伝わったのなら幸いです。
また別の機会に、耐震に関するもうひとつのポイントをご紹介しますので、お楽しみに。