嫌な湿気、どうする?

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

突然ですが皆さま、湿気対策はどうなさっていますか?
梅雨の時期には除湿器を活用する方も多いのですが、夏は湿度より暑さが気になり、あまり対策をされていない方が多いのではないでしょうか。
 
湿気といえばカビ。
カビが繁殖しやすい気温は20~30℃と言われているため、秋冬より今の方がカビにとっては好環境。
台風の時期ともなると、洗濯物を部屋干しすることも増え、さらに湿度が高くなってしまうことに。
特にクローゼットは湿気がこもりやすく、カビが発生しやすい場所と言えます。
 
そんなカビの温床、クローゼットの壁には湿度を調整する機能のある壁材”調湿ボード“が最適。
湿気が多いときは湿気を吸収し、乾燥気味のときは湿気を放出。
消臭機能があるのも、クローゼットに最適な理由のひとつです。
 
臼幸産業が手がける住宅のクローゼットには、標準仕様で調湿ボードを使用。
 

また、リビングやキッチン、洗面所など、調湿機能を持ちながら見た目にもこだわりたい方には「エコカラット」がぴったり。
 
「エコカラット」は、調湿や脱臭機能だけでなく、シックハウスの原因と言われる空気中の有害物質を吸着する機能も完備。
さらにカラーリングや質感などのラインナップも豊富なうえに、お手入れも簡単という優れものなのです。
 
(エコカラット公式サイト https://ecocarat.jp/
 
臼幸産業では、使用する素材についても
お施主さまのご要望やお悩みをじっくりとお聞きしたうえで、ご提案いたします。
何でもお気軽にお話しください。