ずっと住み続けるからこその品質建築「間仕切り」

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

「10年ひと昔」という言葉がありますが、10年も経てばライフスタイルが変化するのも当然のこと。
それに合わせ、住まう家にも変化がほしくなる方も少なくありません。
以前、「将来的に手すりを付けたい」というお施主さまが多いという記事を投稿しましたが、覚えていらっしゃいますか?

(家づくりコラム 歳をとっても住みやすい家 http://usuko.co.jp/blog/lifestyle/4063/

それと同じくらいご要望が多いのが、
「部屋をいずれ2つに分けたい」というお施主さまです。

お子さまが大きくなってからのことをお考えなのでしょうね。

その場合、ドアや窓はもちろんですが、コンセントやスイッチの位置や数についてもしっかりと検討しなくてはなりません。

2部屋に分けたとき、エアコンはどうするのか。
各部屋にテレビは必要かどうか。
クローゼットはどうする……?

物理的な広さだけではなく、2部屋にしたときに家具や家電をどう配置するのか、しっかりとレイアウトを想定しながら検討することが大切です。

また、もっと先の将来、子どもが独立した後はどうなさいますか?
20年、30年後の家族の在り方、暮らし方をみなさんでしっかりご検討ください。
そして私どもにお聞かせください。
もちろん具体的でなくても構いません。

臼幸産業は、お施主さまの想いを形にすべく、
これからも一途に家づくりに邁進します。