寒い冬もぽっかぽか。吹き付け断熱材の話。

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

家を建てる際、よく耳にする言葉のひとつに「気密性」があります。

タイトルにある「断熱材」の話をするまえに、「気密性」について少し説明させてください。

気密性とは……
密閉した気体が外部にもれない、または減圧した内部に気体が流入しない性質を言う。(ウィキペディアより引用)

家の場合は、内部の空気が外に出にくく、外部の空気が家の中に入りにくい状態を「気密性が高い」といいます。

暑い夏でも、エアコンによる冷気を外に逃さず涼しく過ごすことができ、
寒い冬も、外気の影響を受けず、暖かく快適に過ごすには、その「気密性」がとても重要なのです。


そして、高気密を実現させるのにとても有効的なのが、
水の力で発泡する、泡の断熱材「アクアフォーム」。
少し特長をご紹介しましょう。

・人と地球に優しい
シックハウス症候群の原因ともいわれるホルムアルデヒドなどの有害ガスは含んでいません。また、給水性質のある従来の断熱材と比べても、内部結露やカビの発生も最小限に抑えることができます。

・断熱以外のメリットも
外部の騒音をシャットアウトし、家の中の生活音を外に漏れにくくする効果があるため、プライベート空間をしっかりと確保できます。

・冷暖房効率UPで光熱費を削減
夏も冬も外気の影響を受けにくいため、冷暖房の効率が格段に上がります。当然光熱費は大幅に下がります。

このように、メリットがたくさんのアクアフォームを、臼幸産業では全棟に実施しています。
これまでも「気密性に自信あり」とお伝えしてきましたが、
その裏付けとなるのが、このアクアフォームなのです。


ずっと快適に暮らしてほしいから。
見えないところの素材にも、しっかりこだわる臼幸産業です。