「すべてをていねいに」鈴木啓史

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

わたしたちのことをもっともっと知ってもらいたい。
そんな思いでスタートしたスタッフ紹介
今回の登場は「お客さまとの打ち合わせが何より楽しい」と話す、入社2年目の鈴木啓史です。


――― 今までで印象に残っていることはなんですか?

入社して初めて現場を訪れたときのことです。
お施主さまが現場監督や営業担当に「ありがとう」と、本当にうれしそうにおっしゃっていたんです。それを見て自分も早くその役目を果たしたい、と思いました。

まだまだではありますが、お客さまと話しているときに「少しは役に立てているかな」と感じるようになりました。
お客さまの笑顔に大きなやりがいを感じます。

――― 仕事で大切にしていることは?

“ていねいに接する”ということです。例え時間がかかっても妥協せず、いろいろ調べたり相談したり……。
大変なことももちろんありますが、ひとつひとつ応えていけば、その都度感謝していただけるんです。営業だからこその喜びですね。

あと、お客さまの想いを実現させるためにはしっかりと要望を聞くことが大事
打ち合わせでは話しやすい雰囲気になるよう工夫をしています。

――― 臼幸産業の良いところは?

より良いものをつくろうという姿勢です。それも、部署関係なく関わる「全社員が」です。
こちらから相談しなくても監督から提案してくれることも多く、工事が進むにつれどんどん良くなっていくことも多々あります。いわば「ワンチーム」での家づくりですね。

――― 今後の夢を教えてください。

サーフィンが好きなので、いつかは海の近くに住みたいなと思っています。
今すぐは難しいので……いつか、ですけど。