うすこう流ウッドデッキの活用術

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

アウトドアリビング、セカンドリビングとして希望される方の多い「ウッドデッキ」。
今年の初めに完成した弊社のモデルハウス「たのしむ家」にも、約3帖のウッドデッキを設置しています。


この「3帖」という広さが、とても使い勝手が良いのです。

洗濯物を干すスペースとして使いたいなら2帖あれば問題ありませんが、3帖あれば窮屈さを感じることなく、作業もスムーズです。

また、ガーデンチェアなら2脚、デッキチェアでも1脚なら余裕で置けるので、カフェタイムやお昼寝を愉しむこともできます。

家族やお友だちとバーベキューをしたい場合はそれ以上の広さが必要ですが、サイズが大きくなればなるほど当然コストもアップ……。

でも諦めないでください
ちょっと発想を変え、ウッドデッキを庭の一部として考えてみれば、大勢でのバーベキューも楽しむことが可能です。

焼き場は庭、テーブルやいすはウッドデッキに設置。
食材やクーラーボックスを置いたり、直接腰をおろしたりする場所としても便利です。
裸足でくつろげるのもいいですね。

モデルハウス「たのしむ家」は、リビングとウッドデッキ、そして庭へのアプローチが自慢のひとつ。
それぞれを個の空間としてだけではなく、3つあるいは2つをひとつの空間としてとらえ、活用することをおすすめしています。

あなたの「ウッドデッキでしたいこと」、ぜひお聞かせください。
そしてウッドデッキの魅力を、当モデルハウスでご体感ください。
スタッフ一同お待ちしております。