和室ではなく「畳コーナー」という考え方

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

畳があると気持ちが落ち着くわ
いくら時代が進んでも、日本人の心のどこかにはそんな思いがあるのではないでしょうか。

本当は和室を設けたいものの、間取りや土地の広さなど、さまざまな理由で断念せざるを得ない場合、リビングの一部を畳コーナーにする方法を提案させていただくことがあります。


畳コーナーは、空間に変化を与えるアクセントになるだけでなく、赤ちゃんのお昼寝やおむつ替え、洗濯物をたたむのにちょうどよいとして、子育て世代にとても人気
ちょっと横になってくつろぎたいときにも重宝しますね。

リビングの床より一段高く設置する「小上がりタイプ」畳コーナーは、その段差を収納として活用可能。ソファのように使うこともできます。


広めの畳コーナーならロールスクリーンなどで間仕切りできるようにしておけば、書斎や趣味部屋など、さらに活用できそうですね。

畳の種類も、縁のない「琉球畳」にすることでフローリングとの相性もバッチリ。
カラーバリエーションも多岐にわたり、「市松織り」「メセキ織り」など織り方の違いでまったく印象が変わるので、じっくり比較検討して理想の“和モダン”を目指しましょう。