保険を見直すなら、家を建てるときがチャンス

みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

マイホームを建てると決まったら、決めなくてはならないことがたくさんあります。
間取りや外壁、内装材……たくさんありますが、忘れてはならないのが「資金計画」。

頭金は? 収入が変化する可能性は? 子供の養育費は?
あらゆることを考え、想定しつつ計画を立てなくてはなりません。

「大変だなあ」なんて思わないでください。
実は住宅ローンを組むとき資産、とくに“保険”を見直すとっておきのチャンスなのです。

住宅ローンには、専用の生命保険があり、多くの場合加入が必須となっています。
返済中、被保険者が万一亡くなってしまっても、残額が返済されるという制度。
最近では「三大疾病特約」など、死亡以外でも対応できる保険もあるようです。

一般的な生命保険は、必要保障額に合わせて死亡保険金を算定し、保険料が決まります。
しかし、住宅ローン専用保険に加入することで遺された家族の住居費は保障されることになるため、必然的に死亡保険金、保険料を下げても安心は変わらないということになります。

定期的に見直したほうがよい、とわかっていても、なかなか手が付けられない保険。
家づくりのスタートとともに、一度見直してはいかがですか?