冬の到来を感じる時

こんにちは。山口です。
体調管理は万全でしょうか?

冬が来たなぁと感じる時ってどんな瞬間でしょうか?
人それぞれ感じ方は違うと思いますが、私はこんな時です・・・

それは蓄熱暖房機からの輻射熱と放熱される風の温かみを体感すると冬が来たと実感します。
朝起きてふんわり暖かい空気に包まれながら1階のリビングへ行くと、素足も床のほんわかする暖かさを感じます。静まりのなか蓄熱暖房の送風音だけする、この感じが何ともたまらなく何故か冬の到来を感じてしまいます。
但し・・・。この暖かさを感じる為には、毎回必ずやるべき事があります。
半年間全く興味も示さなかったので設定の方法を忘れ。取説を引っ張り出してくるところから始まります。蓄熱の天板含め周辺も高温にもなりますから飾り棚の物もスッキリ片付けてしまいます。 
蓄熱量は・・・35%からに始めようかな。 室温設定は・・・23℃くらいでいいかな。 3並びだな・・・と自分好みの設定をしてワクワクしながら眠りにつき明朝を待ちます。
蓄熱暖房機は23時からの深夜電力で働きだす為、我が家での夜勤を頑張ってもらっています! GWから11月頃までピクリとも動きませんが、ここから先は来春まで休みが無いはずです。
蓄熱暖房機を作動しますと、やはり電気代はUPしてしまいますが朝起きた時も帰宅した時も、ほんわかしたあの暖かい空気は心地よくて大好きです。

すでに蓄熱量は45%に上昇中です。外気温が下がっていく度に我が家の蓄熱量はますます上がっていきます(笑)