冬至

今日は、御殿場支店の臼井です。

だんだん寒くなって来ました。
寒気が日本列島を覆っているようです。
空気も乾燥してきました、せき込む人も見られます。
風邪などひかないように気を付けましょう。

今年もあと2週間になりました。
忙しい日々が続くこの頃です。
来週21日は「冬至」ですね、
冬本番、寒さが身に染みる時期です。
お正月までもう一息、頑張る頃です。
そんな時期ですから、冬至には昔からの慣わしがあります。

昔の中国では、この日から新年の始まる日で、先祖を祀る風習があるようです。
冬至の事を、「一陽来復」とも言うそうです。
冬至を境に陽の気が長くなり、衰えていた太陽の力が再び勢いを増してくる。
新年が来ることと、幸運に向かうと言う意味もあるようです。
気持ちを切り替える日でもあったようです。

日本では江戸時代初期銭湯から、ゆず湯に入ることを始めました。
南瓜(かぼちゃ)を食べたり、地方によって小豆粥を食べたりします。
今は冬至と言うと、ゆず湯に入るですね。
江戸初期、湯治との語呂合わせで、ゆずは融通に掛けたと言われます。
湯治した体は融通が利くとか。しゃれっ気だそうです。
ゆずの果汁は体を温めるし、香りは神経をリラックスさせます。
年に一度、良いではないでしょうか。

冬至に「ん」の付くものを食べると「運」を呼び込むと言うそうで、
冬至の七種(ななくさ)と呼ばれるものがあるようです。
南京(かぼちゃ)は、なんきんと、んが2個も付く縁起の良い物。
蓮根・人参・銀杏・金柑・寒天・饂飩(うどん)。
かぼちゃを食べる風習は、今でも全国に残っています。

今年こそは、かぼちゃを食べて、ゆず湯に入って、
たくさんの運を貰いたいと思っています。
皆さんも如何ですか。

須走中古住宅

こんにちは、御殿場支店の原口です。
須走の中古住宅を媒介で販売しています。
植木がたくさんある広い庭に大きなウッドデッキがあり
別荘気分の生活ができます。

土地は135坪、建物は地下1階、地上2階の50坪
4SLDKの間取りで、地下は駐車場と物入れになっています。

永住の地にふさわしい閑静な住宅街。緑豊かな環境が周囲の騒音を
さえぎり、くつろぎの時間、空間を生み出します。
バルコニーからは須走の町が一望でき、夏に青葉、秋に紅葉、
仰げば富士山、贅沢な四季を堪能できる物件です。

お問い合わせは、臼幸産業御殿場支店まで

人工芝

臼幸産業株式会社 御殿場支店の川本です。

届きました『リアル人工芝』
12月24日にグランドオープンする『栢の木モデルハウス』の庭に張る人工芝が届きました。
かなりリアルで裸足で歩きたくなるくらいです。


モデルハウスにご来場いただければいつでも見る事が出来ますので、皆様お楽しみに!